猫とワタシ

夏炉冬扇

終の棲家となりそうなマンション暮らしのあんなことこんなことを綴っていくつもりです

この記事のみを表示する夢の重み

雑記

明け方に長~い夢をみた。
色々な事象や人物が入り交じってストーリーは無い。
ただ、最後が怖かった。
パルテノン宮殿のような骨組みに渡された橋のようなところに立っていた。
遙か下には満々と水がたたえられている。
足を滑らせると溺死だ。
かなたに明かりが差していて出口みたいだ。
その明かりに向かって全身全霊を集中して少しずつ進んだ。
次ぎの一歩がとてつもなく長い。

夢はそこで覚めた。落ちなかった。
体中が硬くて痛かった。
重い一日になった。
明るい夢をみたい。


スポンサーサイト

この記事のみを表示するドライヤーの旅

雑記

あまり使用することのなかった旅用ドライヤーを捨てることにした。
遺しておいても多分もう使うことは無いだろう。
あまり使ってはいなかったが、経年劣化が加味されて古びて音も鈍くなっている。
旅用というのは海外で使用するために買った品だから。
海外用はコンセントが違う。

三十年位前に買った物で、その時は中国へ半月ほど行った。
上海バンスキングが話題になっていたころかもしれない。
主な都市を回り黄河を大きな遊覧船で巡ったりもした。租界にも行った。
北京は自転車が溢れ、生水厳禁、トイレは衝立も無く今では想像もつかない汚い町だった。
次はイタリア。これは旅行会社のツアー。土産物屋ばかりにバスが止まって閉口した。
ハワイは姪の結婚式。
スイス二回に一人でのパリ散歩。
大連で拙作の芝居の上演で二度目の中国。
まだあったかな?
海外旅行はあまり好きじゃないし、高齢になると億劫だしもう行かないだろう。
どの旅にも持参したのドライヤーだった。過去は振り向かない。ありがとう、ドライヤーさん。

思えば、中国一周をした物書きの皆さんの大半が鬼籍に入られて、今さらのように年月の重みを感じさせられてしまう。



この記事のみを表示する見えない

雑記

引越で数が減ったメダカちゃん。
それでも去年は赤ちゃんが生まれた。
今年も待っているのだけどまだ確認できない。
日よけに入れた水草が元気に越冬してくれて花も咲いてくれた。
白くて可憐。
でも、水草のお陰で水の中が見えない。
卵はたしかにみたのに赤ちゃんはまだ。
朝しか餌をあげないので栄養不足なのかな。
もう少し様子をみよう。

IMG_3453.jpg


いろいろ試してみたけど写真がどうしても縦にならない。
元の写真から縦にしたのに。
久しぶりにfc2の再開をしたらなんだか思うように書けない。
わたしは退化したのだろうか。

この記事のみを表示する手提げ袋

雑記


人々を見るのが好き♥

今日はスーパーで眺めていた。
ATMもイートインもある。
薬も花も雑貨も大概のものが揃う大きなスーパーだ。
立ち読みしているフリをして眺めていた。
何気に見ていると女性の殆どが手提げ袋を。
ファスナーがたくさんついているセカンドバックの人もいる。
形も大きさも柄もとてもたくさんあって見とれてしまう。
とにかく「あ、お揃い」と思うものは一つもない。
お揃いなのはヴィトンやエルメスなどの価格に0の多いブランド物。
普段使いのそれらは実に多種多様で見飽きない。
中にはどこで買ったのだろうと知りたくなるような素敵な手提げもある。
手作りならなおさら使い勝手も貴重さもアップまちがいなし。
引越の時の断捨離で袋物の殆どを廃棄してしまったが、残念なようなさっぱりしたような複雑な気分。
それでも、素敵な普段使いの手提げやバックが欲しい。目も心も。
だから、人さまの手にしているそれらをウオッチングしてるのかもしれない。




この記事のみを表示する頭疲れて

雑記

昔の仕事の大敵は眠気だった。
今は頭が痛くなること。
三十枚ほどの短編を書くのにも大変な時間と苦労が積まれていく。
これも老化なのか。
それとも、昔はそんなに頭を使わなかったのか。
短編なのにひどく疲れている。
加筆訂正の時間が無くて送ってしまったから未練たらたらで達成感にはほど遠い。
それも疲れさせられるいちいんかだろうな。
次は早めの書き上げてじっくり読み返す時間を確保しなければ。
わかったいるけど。刻限が迫ってこないと頭の回転が始まらない。
これは昔から。なにしろ押し出し式だから(汗)