スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲野…山頭火の妻1

咲野1             
 …え? また、あの人の句碑が建つんですか。今度は京都、ですか。地蔵院? …というと、お寺ですいね。出家しちょっただけにお寺が多いごとありますねえ…それにしても、山頭火も有名になったもんですの~た。生きちょる時は親戚や生まれ育った土地の人たちから乞食坊主と蔑まれ、疫病神のように忌み嫌われておったのが夢のごとあります。それが、立派な本を出していただき、句碑がありこちに建てられ、もう、有難いやら、不思議やら…。
 でもですね、山頭火も生まれたときからほいと乞食じゃったわけではありませんでね、私が嫁いだとき。あ、申し遅れました。私は「山頭火の妻」と言われている佐藤サキノといいます。はい。「持ちきれない荷物」の一つにされてしもうた女です。で、私が嫁いだ時は落ちぶれたとはいえ、まだ、造り酒屋の若旦那やったとですよ。そうなんです。
 山頭火の本名は種田正一。防府の大地主「大種田」の長男として明治十五年に生まれたとです。防府は山口県のほぼ真ん中あたりの周防灘に面した街で、佐波川という大きな川の河口にあります。大種田は防府で一番の大地主でした。そこの長男として何不自由のう育って早稲田大学まで行ったまではよかったもんのその頃から「大種田」の没落がはじまっておりましてね、それを気に病んで神経衰弱になったとかで中退してしもうたとです。早稲田では小川未明か種田正一かと言われるほど文学的な才能が期待されておったそうなんですけど。
 私はその佐波川のずっと上流にある高瀬という村で生まれたとです。深~い山ん中に数十軒の家が見え隠れに建っとるような、そんな村ですいね。まあ、農村でございます。林業と農業の村。私ん家は一番奥の小高い丘の上に村全体を見下ろすように聳えちょりました。自分の口で言うのもなんですが、実家の佐藤は高瀬一帯の地主で蒟蒻を作って卸しちょりました。今も残っとる家には蒟蒻芋を貯蔵する地下室があります。兄と弟の間の一人娘ということもありまして世間で言う乳母日傘で育ちよった訳で…生まれたのは日清戦争の始まる五年前の明治二十二年であります。そんな田舎でしたから、まだ、ちょんまげのおじいさんが居ったりしてのんびりしちょったもんでした。
 父や母にはずいぶん可愛がられました。兄や弟、分家のいとこたちとも仲良うに育って、村の子供たちはみんな友達というなんの悩みもない恵まれた子供時代やったように思います。

 父は私を周南女学校に入れました。
 高瀬の子供たちは村の尋常小学校を出るとお百姓さんになったり徳山の工場に働きにいきよりましたが、父は時代を感じとらしとったことでしょうし、家の格式からもどこへ出しても恥ずかしゅうない娘にするために、まあ、そんなことから良妻賢母を育てるという評判の良いお嬢さん学校といことで周南に進学させたのだと思うちょります。
 その女学校は防府にありまして、とても高瀬から通える距離ではありません。ですから寮があったというのも父には都合がよかったとでしょう。山口や徳山や鳥取の東京や大阪までは出しきらんかった親たちが喜んで娘たちをこの学校に入れとりました。
 しつけや礼儀作法はそれなりに厳しいといえばそうでしょうが、なにしろ女というだけで一段も二段も低く見られていた封建時代でしたもんねえ、親元を離れてみんないきいきのびのびしちょりました。お箸が転んでもおかしがる年頃のもんが集まっとりますから寮では笑い声が絶えませんでした。
 それよりなにより防府は街でありました。毛利様の治められてきた由緒ある城下町でありながら東京へまっすぐに行けるという汽車の駅もできちょりまして、山奥から出てきた娘にとっては街全体がキラキラ輝いて見えたことです。なんせ、高瀬には店さえもほんの数軒しかありませんでしたもんね。
 学校が休みの日は友達と商店街を歩くのが楽しくて、お茶やお花の稽古にかこつけてよう歩きよったもんです。今から思うに、一番楽しい時期やったのかもしれません。その周南女学校も昭和十九年に廃校になったと聞きました。
 なんとのう親が選んでくれた人に嫁いで、子供をたくさん産んで育てて、それで一生が終わるくらいにしか思うとりませんでした。それが母や叔母たちの生き方で、子供の目からはなんの不足もない生き方のように見えちょりました。そんなもんやったんです。
 私の少女時代というのは長い鎖国が解かれてほんの三十年足らずという頃でありましたし、文明開化のあれこれがなかなか届いてこない海と山と川しかない田舎でありました。
スポンサーサイト

咲野…山頭火の妻4


咲野4
種田家には七十八歳になるツルという名のおばあちゃまが居られました。お舅さまを生んだ人でお母様が亡くなられてから正一さんたち五人の孫を育ててきた方です。古くからいる使用人は若奥さんが井戸に飛び込んだのは大旦那さんだけのせいではのうて、嫁姑の問題も大きかったのだと教えてくれよりましたが、私にとってのツルおばあちゃまは
「ツルはサキノさんよのう。掃きだめに鶴。ほんとによう来て下された」
と仏様のように優しゅう接してくださるのでとてもそんなことは信じられんとです。
そのほか、正一さんにはお姉さんと妹さんが一人ずつに弟さんが二人ありましたが、下の弟さんの信一という人は三つの時にお母様に死なれて五つで流行病(はやりやまい)で亡くなったそうです。その時十三歳だった正一さんは一晩中遺体の傍から離れんかったとおばあちゃまは言うとられました。それは、上の弟の二郎さんが、その前の年に遠縁の有富家に養子に貰われていったショックが大きかったから余計に辛かったんやろうということでした。
「二郎は六つやった。フサさんが」
フサというのは井戸に飛び込んだお母様の名前です。
「フサさんがあないなことになってから種田の家は魔物に魅入られたように悪いことばっかり続いてなあ…正一は線の細い、気持ちの優しい子やけん、どないか辛かったことじゃろうて…連れて行かれる二郎を村はずれまで追うていってのう、泣きながら帰ってきた…父さんが悪いんじゃ~、父さんがいかんのじゃ~言いながら」
そして、涙を拭くと「業やれ業やれ」と呟かれるのでした。「業やれ」というのはおばあちゃまの口癖で「仕方ない」ということでしょうか。若こうして夫を亡くし、後家を通し守ってきた種田家が崩れていく音を聞くたびに「業やれ」と呟きながら孫たちを育ててこられたとです。私にも兄と弟がいますからずいぶんと切ない話です。
私が嫁いだ時はお姉さんのフクさんは病で亡くなられていて、妹のシズさんも嫁いでおられたので家族としてはお舅さまとおばあちゃまと正一さんだけでした。母は自分が姑で苦労したのでそんなことも事前に調べていたようです。シズさんは私が嫁いで来る前にと急いで結婚させられたそうで、知らなかったとはいえ申し訳のないことでした。それと、当時は元芸者さんだったというおコウさんという人がお舅さまの奥さんでしたが、おばあちゃまが頑として家に入れなかったので別の家で暮らしているということでした。ですから、お舅さまも夜はそちらで過ごされるのです。
「竹二郎は、まあ、幾つになっても恥ずかしいことでの~た」
おばあちゃまは大きなため息をつかれるとです。
そうした事情がわかってきたことやおばあちゃまが私を気に入ってくださったこともあって、実家からついてきてくれたおやえは帰すことにしました。それに、落ち目ではあっても種田家に人手が充分にあったとです。
新酒の仕込みはまるでお祭りのように賑やかでした。大勢の使用人に近在の人が総出の作業です。里でも蒟蒻芋を掘りあげるときはたいがい賑やかでしたが、お酒と蒟蒻の違いでしょうか、華やかさが違うのです。正一さんも真剣に取り組んでおりまして「やはり結婚させてよかった」とお舅さまもおばあちゃまも喜んでくださったとです。

そんなこんなで嫁いでみると正一さんはみんなが心配するほど変わった人ではありませんでした。やさしい気遣いの出来る人でお米がお酒に変わっていく様子なんかも丁寧に教えてくれましてね。
正一さんは遊蕩三昧で大種田が没落していくことに何の手も打とうとせなんだお舅さまを嫌うておりました。いえ、そんな生やさしいもんじゃのうて…お母様を自殺に追い込んだことで憎んでおらしたとです。
「あんたがよそからの縁談だったらもっと早うに迎えとったと思う。親父が見つけてきたというだけで、あんたがどんなに美しゅうても抵抗があったとじゃ。けど、さすがに親というか女遊びが伊達じゃなかったというか…あんたは俺には過ぎた妻…ほんとに!ようきてくれた」
抱きしめられて、涙がホロホロこぼれてきました。大きゅうてあたたかい胸でした。
正一さんはサキノという私の名前を「この方があんたらしい」と「咲野」花の咲く野原に変えてくれました。このときから私は佐藤サキノから種田咲野に生まれ変わったとです。
こうして始まった結婚生活でしたが嫁いで一週間もしない内から正一さんは文学仲間の集まりなどで深酒、外泊は少のうはなかったとです。でも、まあそういうもんかと思いながらちいとお酒が過ぎるんじゃないかと心配でしたが寂しいとか不満は感じておりませんでした。おばあちゃまから教わることも多くてですね、結構忙しゅうしとったとです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。