猫とワタシ

夏炉冬扇

終の棲家となりそうなマンション暮らしのあんなことこんなことを綴っていくつもりです

この記事のみを表示する続いている

カーブス


マンションの近くにある女性だけの体操教室がある。
日本中にふえつつある「カーブス」だ。
足腰の衰えを実感していたので週に3回ほど通っている。

今日、コーチに聞いたら「もうすぐ一年ですね」という。
そうだった。去年の4月に引越をして一段落したときに覗きに行ったのだ。
6月15日に入会手続きをしたそうだ。
何事も継続できないのによく続いていると我ながら感心した。
続いている理由を考えてみた。
〇筋肉低下の強迫観念
〇近いこと
〇カレンダー通りの営業内ならいつ行ってもいい。
〇同世代の同性を眺めているのが面白い(自分も面白がられているのだろうけど)。

12の機械をふたまわりして、あとはストレッチ。玄関を出てから帰宅するまでほぼ一時間。
ネットで調べた悪評もそれほどでもない。
幾つも不満も歩けれど、これからおいおい「カーブス日記」風に書いていこう。


スポンサーサイト

この記事のみを表示するスタッフ

カーブス

11時半から運動開始。今日は空いていたし、常には4人いるスタッフも二人しかいなかった。
ほんとは店長もいるのだが幾つもの教室を兼務しているのでなかなかここには居ない。
なぜか店長に会えるとラッキーと思ってしまう。
スタッフは別名コーチ。しかし、マニュアル通り以上の知識のなさげな若い女の子達をコーチとは呼べない。
大体、責任者が店長というのも変だし。
他の二人はチラシ配りにでも行っているのかと思ったら他の教室への応援に行ってるそうだ。
カーブスでは生徒が450人ラインが赤字か黒字の分岐点らしい。
だから新入生の開拓に必死。よく駅やスーパーの前でチラシを配っている。
知り合いを筋肉のために誘いましょうなんてキャンペーンもよくやっている。
誘った人が入会するとそれぞれにご褒美がある。
二人が応援に出たということは新しい教室が出来るって事かな?

ドアを開くと「おかえりなさい~!」と一斉にスタッフから声がかかる。
「いらっしゃい」とか「こんにちは」だろうといつも思う。
帰るためのドアを開けると「いってらっしゃい」だ。
それが気持ちわるくてたまらない。でも、もう慣れた。

たくさんのマニュアルがあるのだろう。
身体測定なども月一にある。数字が減っていても殖えていても褒めて励ましてくれる。
「姿勢が良くなったかも」などと言えば「素晴らしい」と拍手してくれる。
健康診断の目安になるので測定は悪いことでは無いのだけれどね。
それにしてもあんなにいつも笑顔で居るのってしんどくないのかなあ。
仕事となると大変なのだ。癒やされることもあるのだから批判ばかりしていてはいけないと反省。


この記事のみを表示する波みたい

カーブス

今朝は11時すぎにドアをあけた。
自転車が3台しか止まっていなかったのに12台の機械(マシーン)はほぼ満席。
ちょっと厭な顔をしたのを素早くキャッチした受付にいたスタッフのSさんが
「すぐに抜けられますよ』と言った。
抜ける即ち終わること。
そうねと頷き、ゆっくりと支度をした。
支度といっても上着を脱いでメンバーカードを首にさげ、靴を履くだけ。
水の入ったペットボトルを手にして順番を待つ位置に立つ。
それに気づくとスタッフが「〇〇番からおねがいします」と告げる。
さらに「タンパク質は何点でしたか?」「体調はいかがですか?」「今日はピンクですか。水色にします?」などと聞いてくる。

筋肉にはタンパク質が大事で12店以上摂取するようにと謳っている。
肉は何点、魚は、豆類は…など記した表があって前日の合計を聞いてくるのだ。
量によっても違ってくるし目方を計って食しているのでもないからどうしてもaboutになる。
カーブスで販売しているプロテインを飲むと必ず+2とふえるという。
スタッフの立場もあろうかと購入したがお高いので(ネットではもっと定価のがある)一度だけにした。

頑張ろうというときは「ピンク」のんびりしたいときは「水色」のゴムを渡されて腕につける。
機械から次の機械の間にはマットがあってそこで足踏みをする。その時は水を飲むよう勧められる。
12の機械を2周したらゴムを返して次回の来店予定を告げる。
確かに始めて間もなくみなさんの機械巡回は終わった。まるで波が引くようだ。まばらになって一気に窓からの風が爽やかに吹き抜けていく。
何時頃が空いているとは言えないそうだ。日によって大波小波の周波が変わるらしい。
機械が終わると柔軟体操だ。初めて行ったときに教わったことが大きなポスターになっているのでそれを見ながら屈伸運動やヨガもどきなどをする。
そして「いってらっしゃい」の声に送られて教室を後にする。




この記事のみを表示する連休前

カーブス

今日のカーブスでは4人のスタッフ全員が揃っていた。
体力測定もあって忙しい。
二人のスタックがマシーンで助言して回っているのをはじめて見た。
スタッフによっては同じ事しか言わない人と具体的な助言をしてくれる人が居る。
ここはカレンダー通りの営業だからスタッフにとっては久々の4連休なにだろう。
そんな目で見るせいか今日はみなさんニコニコ顔だ。
さらにもう旅行などしんどい世代の生徒達は連休前だから頑張ってきている。
顔なじみもふえたがお茶まではいかない。
この体力測定はどこまで信憑性があるのかな。数字はかなり小さくなっているが。

外に出たら雨が降っていた。

この記事のみを表示するたるみ?

カーブス

昨日は梅田へ出かけ、高~い所からデパート食品売り場など歩いてすっかりお疲れ。
体中が痛かった。カーブスなんて比べものにならないほどの運動量だろう。
しかし、今朝は意外に痛みがなく、迎え酒の理屈でカーブスに行った。


C009977090_349-262.jpg 

土曜日なのでけっこう混んでいたが順次マシーンが空いていく。
今日はスタッフが三人。リーダーがお休みのせいかゆるい感じ。
入店するとカードを機械に入れて開始のチェックをする際に挨拶はありましたか?の項目がある。
それくらい「××さん、おかえりなさい」「〇〇さん、いってらっしゃい」とスタッフが一斉に声がけするのが重要なマニュアルになっている。
最初は抵抗があった××さんとい下の名前で呼ばれることもいってらしゃいという挨拶も一年近く経つと慣れてしまった。
だから、初めて「お帰りなさい」がなかったので???となった。
やはり、リーダーが休みだと緊張感がなくなるのかサポートがないからなのかなんて考えてしまった。
いつもと違うことに違和感を感じるのは、みんなと一緒で無いと不安になる心理と同じなのだろうか。


この記事のみを表示するプロテイン

カーブス


ただいまカーブスではプロテイン販促メニュー中だろう。
スタッフの顔を立てて一度だけ購入して解約した。
それで居心地が悪くなるとやめようと思っていたが杞憂だった。
飲んでる人にはそれなりの特典があるがたいした物では無い。
今日は試飲をやっていてわたしもいただいた。
おいしかった。
きな粉とすりごまを豆乳にといたものだという。
おお、それなら家でも出来る。
牛乳は脂肪が多いので無調整豆乳をシチューでもソースでも使っている。
プロテインは運動後30分以内に飲むとタンパク質の吸収力があがるらしい。
カーブスから帰ったらそれらをシェイクして飲もう。