FC2ブログ
猫とワタシ

夏炉冬扇

終の棲家となりそうなマンション暮らしのあんなことこんなことを綴っていくつもりです

この記事のみを表示するこどもの日

歩く

都会は便利だ。機能的。
季節を伝えてくれる街路樹さえ造形の臭いがする。
今日はこどもの日。なのに空を泳いでいる鯉のぼりを全く見かけない。
和歌山ではあちこちで大きな鯉のぼりが泳いでいた。
テレビからは各地方の鯉のぼりが映されているからそれでいいのかな。

10年ほど前、お城の傍の病院に兄が入院した。
お見舞いに行ったとき、小さな鯉のぼりを持って行った。
入院中はずっとそれが飾ってあった。
そして、三年後に帰らぬ人になってしまった。
あの時一緒に買った鯉のぼりを大事に持っている。
鯉のぼりは悲しい思い出になってしまった。
だから、街で見かけても気づかないふりをしているのかもしれない、わたし。

スポンサーサイト

この記事のみを表示するHeart Lock Fence

歩く

梅田スカイビルに行ってきた。
以前から一度は行きたい場所だった。
道順がややこしそうだったからヨドバシカメラまでしか行ってなかった。

先日はあべのハルカスに行ったので高さに関してはそれほどの驚きはなかった。
しかし、晴天で爽やかに360度の眺望が楽しむことが出来た。
エレベーター乗り場に4列のロープがあったのでそれほどの人が来るのかと驚いた。
幸い、待つことなしに頂上に行けた。
聞いては居たが8割くらいが外国人一瞬、。ここはド・ゴール空港かと思ったくらいだ。
さらに驚いたのが写真のHeart Fence。
錠前鍵は売っている。
IMG_3467.jpg 

セーヌ川のポン・デ・ザール(芸術橋)はこの錠前の重みで何度も落ちかけて修復されている。
巴里へ行ったときしばらく見ていたことがあった。国際色豊かなカップルだらけ。
永遠にかわらない愛を閉じ込めた錠。そのために鍵はセーヌ川に投げる。
何かの映画か小説が発想の元らしい。
恋が醒めたとき鍵を拾いに行くのは大変だなあと思った記憶がある。

大阪の梅田の一等観光地でこんなことを真似するなんてなさけない。
折り鶴を折って世界平和のために括るとかほかに知恵は無かったの?
……なんて、文句を垂れてしまうが写真を撮ってる老カップルは楽しそうだ。
旅の思い出の一コマ。お国へ帰ったら大阪を思い出してね。







この記事のみを表示する信号待ち

歩く




信号の多い街である。
都会のさだめ(運命)か。
しかし、この街ではあまり信号は守られていない。
東京では考えられないことだが……。
人々は左右を確認して自己責任で色に関係なく渡っていく。
いらちな大阪人気質なのか、合理的な浪花人なのか。
じいっと信号が変わるのを待って立っていると間抜けみたいな感じ。
でも、子供や小・中学生が近くに居るときは決してこんな事はしない。みんなも!
よその街へ行った時にはこの良くない癖が出ないようにしないといけない。
車も来ないのにじいっと待っているのは理不尽だと思っちゃいけない?


この記事のみを表示する阪急・阪神

歩く


一度行ってみたかった阪神百貨店にようやく行ってきた。
最寄りの電車では阪神は遠いからついつい阪急で用を済ます。
遠いと行ってもそんなに遠くは無いけれど、昨今の大阪駅の様変わりの激しさに昔のようにすんなりとはいかなくなっている。
ビルがふえた(今さらだけど)。長年の田舎暮らしで雑踏の歩き方も忘れているみたい。
テレビでいつも阪神のデパ地下情報を見ているので期待は大きかった。
期待が大きいとガッカリ感も比例する。
なんだかゴタゴタしていて、人並みに押されるばかりだった。
どうやら、改装中らしく、一部は六月一日にオープンするらしい。
なるほど。フルオープンしたらまた行こう。
結局、阪急で買い物をした。慣れた場所は買いやすい。
デパ地下は夫に任せて10階の手芸売り場へ。
和紙でできた編み糸を買った。
帽子にするかバックを編むか。
それにしても凄い人出。思えば日曜日だった。
紅茶フェステバルでは世界の紅茶が集められているのか長蛇の列だった。
阪神も改装オープンされたら楽しい催しがたくさん企画されているのだろう。

この記事のみを表示する一日一善  ボール

歩く


ダダの散歩。
上の方に地下鉄と主要道路が並んでいる。
それを挟んで東西に道路がある。
地下鉄の下は空き地。駐車場やグランドになっている。
歩いているとサッカーボールが飛んできた。グランドからだ。
グランドはフェンスで囲まれているし、道路を渡らなければならないからから取りに来るのは大変。
歩道から降りてボールを拾った。
片手にリードを持っているし、届かないかもしれない。
歩いていた男性を捕まえてお願いした。
快く男性はこちらを見ている少年たちに投げてくれた。
いっせいに「ありがとうございます!」の声。

ちょっといいことしたのかもと嬉しくなった。



この記事のみを表示する公園

歩く

IMG_3512 (1)

久しぶりに大きな道路を渡って大きな公園に行った。
あちこちにクローバーの花が咲いていた。
昔々、通っていたバレエの稽古場の中庭を思い出した。
クローバーがいっぱいで摘んで髪飾りを作ったり四つ葉を探したりしたものだ。
この公園は遊具もあるし樹々も多く、球技も出来る。
日曜日なので若いお父さんの姿が多かった。
その周囲をクローバーで埋め尽くそうということか。
こんな札が随所に立てられていた。
来年あたりはクローバーの上でお弁当を食べたり出来るのかも?
とても楽しみ。
また花冠などを作ってみたい。




この記事のみを表示する信号待ち

歩く

この街は信号を守らない歩行者が多い。
赤信号で渡っていったカップル。
それを見た信号待ちしていた中学生たち。
「いい年してなんだ、あいつら」
「道路交通法違反だよな」
中学生諸君はしっかりしてる。



この記事のみを表示する蝶々

歩く

 

ダダの散歩。
道の端で蠢くもの発見。
よく見ると瀕死の蝶々。
下校中の小学生が数人やってきたので「苦しそうね」と教えてあげた。
「カラスアゲハだ」
「アオスジだよ」
「かわいそう」
 こどもたちは傍の木にとまらせる。
が、止まる力なくアオスジアゲハは落ちた。
「かわいい」
「死にかけてるんだよ」
「かわいいのはワンちゃんのことだよ」
こどもたちはしばらくそこで相談していた。

蝶々の寿命は蝉と同じく土中での暮らしが長くあの姿になってからは一週間程度らしい。
人間は長生きしすぎだなあ。














この記事のみを表示するカラス

歩く

三日ぶりのダダとの散歩。
買い物帰りの小母さんと立ち話。
ダダを連れているとみんな気さくに話しかけてくれる。
「うちもマルチーズ飼うてたんやけど、去年亡うなってしもうて」
なんて話からこの度の豪雨から直近の地震にも話は及ぶ。
その小母さんが言うのにはカラスが姿を消すと何かが起こるというもの。
言われてみればしばらくカラスを見ない。
都会にはカラスが多い。ベランダに遊びに来ることもある。
「昔は不気味で嫌いやったんやけど、この頃はカラスを見たらほっとすんねん」
なんか真実味が感じられた。
明日はカラスに出会えるだろうか。

この記事のみを表示する大阪城

歩く

何年も行かなければと思っていた大阪城に娘に促されていってきた。
この暑さ。でも少しましな曇天。
何年か前に梅園に行ったことがあったが梅と戯れていて天守閣までは行く余裕がなかった。
谷町4丁目で地下鉄を降りてNHKの前を通って城内に到着。
と、ありがたいことにトックトックのようなバスがあった。これがなかったら大変な歩数になっただろう。

IMG_3698.jpg

降りると目の前に大阪城が! さすがに見事。
金ぴかと思いきや予想を裏切って品が良い。

IMG_3704.jpg

IMG_3710.jpg

IMG_3705.jpg


天守閣からの眺めもなかなか。しかし、観光客が多くてゆっくりと眺めてはいられなかった。
チケット売り場までの石段にはミストシャワーが設置されていて一息つきながら上下できる。
それにしても「ここjはどこ?」と言うくらいに海外からの人が多い。自撮りで賑わっている。
和歌山城とは違い城内はとにかく広い。上りはエレベーターがあるが下りは歩くのだ。
各階に展示物でいっぱい。

IMG_3711.jpg


とにかく広い。テレビでやっていた諸々なんぞはとても見て回れない。
これでも徳川さんに半分にされたと言うからどれだけ広かったんだろう。
とにかく大阪は殿様をいただかない自由な街で成長してきたのが自慢?
次は桜の頃にでもと思いはしているんだけど。










この記事のみを表示するポケモンGO

歩く


あまりに暑いので最近はダダの散歩を朝にした。
あまりに電気の減りが早いのとボールがすぐになくなるので中断していた。
ところが息子の息子がお友達になってということで再開した。
和歌山ではポケストも遠く少なかったが、さすがに大阪。
ちょっと歩くだけで限りなくある。わが家にいてもポケストに繋がる。
ダダの散歩だけで充分に楽しめる。のめり込まなければだけど。
たいした歩数は歩かないがそれでも卵の孵化は楽しみ。
一種の歩数計にもなる。
しかし、ダダには迷惑かもしれない(笑)




この記事のみを表示する出会い

歩く

今日は朝から爽やかで7時半頃からダダとお散歩。
信号が長いので暑さ故に避けていた大きな公園に行ってみた。
木々が茂り多少の球技も出来、ブランコや滑り台などの遊具もあるかなり大きな公園。
銀杏をひろったこともある。
時間早いせいもあって人はまばらでワンコのお散歩の人が通り過ぎてゆくくらい。
ここにポケモンの競技場がある。
いざ!戦闘開始。
ところができないのだ。システムやルールを知らないままでやっている虚しさ。
ふと木陰でスマホをいじっている年配の女性に気がついた。
思い切って「ポケモンですか」と声をかけた。
当たりだった。いろいろレクチャーしてくれた。
知らないことがいっぱい!
感謝と共にフレンドになった。新しいお友達ができたのであった。
見渡すとあちこちのベンチでポツンと座っているお年寄りがスマホを連打していた。
ポケノンGOが最近は高齢者に人気という記事を思い出した。
歩くしお金かからないし頭も使うしたしかにいい!
少し涼しくなったら歩こう。そんな思いを新たにした朝だった。