猫とワタシ

夏炉冬扇

終の棲家となりそうなマンション暮らしのあんなことこんなことを綴っていくつもりです

この記事のみを表示する推理ドラマ

思う

テレビドラマの新シリーズが出そろったみたい。
取りあえず一回目は殆ど見ることにしている。
面白そうだったり抵抗がないと録画予約する。

録画しているとCMを飛ばせるし途中で席を立つときも停止できるのでありがたい。
他のことをしながら見ているので、???となったときに巻き戻して見て検証できるのがいい。
推理ドラマの場合プロセスや人間関係を把握していないと面白くない。
例えば凶器が画面の片隅のでも映っていないとなんで~となるからわざわざ巻き戻して確認。
養子や孤児院育ちとか名前が変わっている設定も多い。すぐに戸籍照会をすればすむことなのに。
整形などがオチだったりするとアホらしくなる。
中には初動捜査の甘さにいらだつことも。
そんなこんなで突っ込みどころ満載の推理ドラマが好き。
昔、ドラマは全てサスペンスだと教わったことがある。

さて今期のドラマ、塡まらせてくれる物はあるだろうか。
前期に塡まったのは【もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~】
サスペンスではなくてコメディらしい。
出演者の魅力の要素も大事なのかもしれない。
さて今期のドラマ、塡まらせてくれる物はあるだろうか。
スポンサーサイト

この記事のみを表示する長屋王

思う

奈良の平城旧跡から歩いて10分ほどの所に大規模商業施設の「ミ・ナーラ」がオープンした。
昔はここにそごう百貨店があった。そうごが閉店した後にはイトーヨーカ堂奈良店となったが経営不振で撤退した。そこにオープンしたのだからかなりの決意がいったのじゃないかと思う。
この土地は悲劇の平安貴族長屋王の屋敷跡。
おびただしい木簡が土中から発見されてニュースになったのが記憶に新しい。
歴史上に大きな貢献となった。
なるほど勤め先の平安京に近いから当時の一等地だった。
経営者達は事前に必ず長屋王の魂を鎮める行事を行う。

「長屋王」
壬申の乱は中大兄皇子(天智天皇)と大海人皇子(天武天皇)の皇位継承を争う古代史最大の内乱とされている。結果は大海人皇子の勝利で天武天皇が即位する。正妃は中大兄皇子の娘の讃良(後の持統天皇)。この戦いで一番の功労者は長男の高市皇子だったが生母が采女だったこと、持統が自分の息子を皇位につける画策をしたために太政大臣で生涯を終えた。
その長男が長屋王だ。
  蛇足ながら天武天皇と額田王との間に生まれた十市皇女は高市皇子の恋人だった。
持統天皇を補佐してきたのが藤原不比等で自分の娘を天皇に嫁がせて孫を天皇にし政治の実権を握った。その延長線上で皇位争いが起こる。
朝廷は藤原四兄弟が牛耳っていたが人望厚く天武の血筋の長屋王はその中で右大臣として健闘していたが、次期天皇に一番近い立ち位置に居た。外戚の藤原氏には幼い皇子しか恵まれず、皇位継承者の最右翼にある長屋王をなんとかしなければならなかった。
なんとか…長屋王に謀反の疑い有りと屋敷を取り囲み火の手を上げた。
長屋王は家族もろとも自害した。
  ここでも蛇足。この時、天武天皇の血は途絶え、天智天皇(娘の持統による)血筋が  延々と続くことになった。

そんなわけでこの地には長屋王の怨念の祟りがあると言い伝えられている。
「ミ・ナーラ」の経営者は敷地内にある長屋王を祀った社に毎朝祈りを捧げると語っていた。
長屋王さま、奈良の発展のためどうぞお力をお貸し下さいとお願いするばかりだ。




この記事のみを表示する元号

思う


来年の五月一日は違う元号になるらしい。
ニュースで見てちょっとセンチになった。
元号が平成になった時、馴染めなかった。
それがもう30年も経ったとは。
我々の世代では天皇は昭和天皇で、今の天皇は皇太子であり続ける。
今の天皇が退位されると浩宮が天皇になられる訳で、でも、いつまでも浩宮なんだろうと思う。
夫が部長になったときも会社の人がすんなりと「部長」と言うのを聞いて違和感を覚えた。
夫の姉を「おねえさん」と呼ぶのも抵抗があった。
娘は息子の嫁をすんなりと「おねえさん」と呼ぶ。
それのできない自分は驚いた。
だから元号が変わっても昭和がこびりついているかもしれない。
明治と大正ははるかかなたにあるのに身近な昭和と平成もそうなっていくのだと寂しいのだろう。

この記事のみを表示する深呼吸

思う

深呼吸することはとてもいいことらしい。
そういえば緊張する場へ一歩踏み出す前には無意識に深呼吸している。
それは決断を促してくれる。
鼻から胃が膨らむほどに空気を吸って口から長~く息を吐く。
これが基本。ヨガでもそうだ。
時々思い出してやってみていたがここのところすっかり忘れていた。
と、頭からすべてを追い出し深呼吸することだけを考えてやると「鬱」を退治して心が軽くなるという記事を目にした。
座禅みたいなものかな。しかし、何も考えないということは非常に難しいこと。
追い出しても追い出しても様々なしがらみや先々のことなどが頭をよぎっていく。
それでも頑張ってそれらを追い払うと気がつくと呼吸の回数を数えていた。
これが煩悩というものなのか。
座禅なら何度叩かれることだろう。
でも、やってみよう。まずは深呼吸からネ

この記事のみを表示する郵便局

思う


ピン歩~ン
「郵便局です」
ユーパックかなと玄関へ。
立っていたのは郵便局の制服を着たおじさん。
定期貯金が満期になるので手続きに局まできてください。
そのままにしておくと普通貯金の方に移ります。
ああ、それなた郵便がきたっけ。
利子も粗品も用意してます。
利子たって10円くらいじゃん。
それは銀行山も同じで、粗品で頑張ってますので。

たしか、郵便局は赤字だった筈。
だから切手代も小包なども値上げしてる。
こんなお宅訪問してたら人件費もかかるでしょう。
手紙が二通も届いているし、電話もメールも伝達手段があるのに。
しかもたいした金額の定額じゃ無いのに。
ちょっと考えさせられた。

この記事のみを表示する座骨神経痛

思う


薬を貰う日なので自転車で整形外科に行った。
左足の太ももが痛かったので初めてその整形外科に行ったのが1年前。
そのときに座骨神経痛だと診断が下され、骨粗鬆症の予防のためにとの処置もされた。
勿論、レントゲンや血液検査や骨密度などを調べた上だ。

若い頃、大きな交通事故で意識不明の日が続いて目覚めたときは左足には思いコルセット。
長年の太ももの痛みの源はここにあると勝手に思い込んでいた。
引越を機にちゃんと診てもらおうと思っていた。
結果は前途の痛りで事故の方は完全に治っているということだ。

先日、久々に出かけて歩き回ったらひどく痛み始めた。
翌日も少し歩いただけで痛い。しかもやたらに咳が出る。
幸い、薬を取りに行く日なので診察を受けた。
そして、やはり、座骨神経痛だって。
日にち薬なのか、一生つきあっていくのか。
咳止めの薬を処方をしてくれたので、今日は早く寝よう。

この記事のみを表示するワイドショー

思う


情報番組ともいう。
足並み揃えて同じ事ばかり。
今は日大と朝丘夢路ばかり。
消せばいいだけ。
そうだ! 本を読もう。