FC2ブログ
猫とワタシ

夏炉冬扇

夏に暖炉は不要、冬に扇風機はいらない。そんなどうでもいいこと書いてます

この記事のみを表示する桜桃忌

食べる




今日は太宰治の没後70年の命日。桜桃忌だ。
毎年この日は佐藤錦を奮発して偲んできた。

中学生の頃。ふらりと部屋に入ってきた父が机の上を見て言った。
「ダザイジなんか読むなよ。シガチョクサイかスイジョウベンにしろ」
当時は退廃的な流行作家という位置にあった太宰が父はきらいだったのかもしれないし、悪影響を及ぼすと思ったのかもしれない。
けれど娘はのめりこんでいき、卒論にまで太宰を選んだ。
そのために津軽まででかけ乳母のタケさんを訪ねたりした。
今、太宰の没年齢をはるかに越えていつのまにか並んでいる全集もお飾りになってしまっている。
それでもこの日にさくらんぼは食べ続けている。
そして太宰の作品は私小説ではなくフィクションであると思い至り、今一度読み返さなければなるまいと思っている。


スポンサーサイト

この記事のみを表示するわーい、桃

食べる


桃が送られてきた。
和歌山荒川の桃。
自分ではとても買えない桃。

7-11.jpg

欠点は足が速いこと。
そんなに一度には食べられない。
だから、もったいないけどジャムにする。
以前はコンポートにしたけでど、手数がかかる割には評判が良くない→下手?
ジャムにしたら好評だった。
今年もこれでいこう。
感謝!

この記事のみを表示するお祭り

食べる


今朝もトヨタの人たちが街のお掃除をしていた。
昨日と違って今日は偉いさんらしい人ばかりだった。
昨日のお祭りのような賑やかさはなかった。
黙々と淡々とゴミや落ち葉を拾っていた。

お祭りと言えば今夜はマンションで、マンションだけのお祭りがあった。
ハズレなしの抽選券で果物の詰め合わせがあたった。
近隣のことを考えて盆踊りは亡かったが提灯が並び屋台もでて賑やかだった。
自治会主催なので自治会に入っていない人は参加資格が無い。
最近は自治会に入らない人が多い。余計な役目がふえるからかな。
一方で管理組合は入るのが規則。
建物や災害時の問題は管理組合の管轄。

明日は今日の景品の梨と蜜柑をヨーグルトにまぜていただこう。
バナナはもう少し熟成させてから。

この記事のみを表示するさんま

食べる

今年初めての生サンマを食べた。たっぷりの大根おろしがおいしい。
勿論、脂ののった新鮮なさんまは誠に美味。
いつぞやはサンマより大根の方が高値のこともあったが、去年はサンマがお高くておいしくなかった。
今年も不猟が伝えられていたが予想外の大量でありがたいことだ。
このところの天候不順は農業や漁業に大きな影響を与えている。
理屈で走っていても実感が迫ってくるのは店頭である。
サンマと言えば佐藤春夫の詩を思い出す。
サンマ苦いかしょっぱいか。
男やもめの孤独の詩。
佐藤春夫は紀州の人だからサンマにまだ青い蜜柑を搾って食べた筈。
そういえば、もう色づいた蜜柑も店頭に並び始めた。
季節は確実に秋。

     初サンマ話題はなぜか墓仕舞い



この記事のみを表示する犯人は

食べる

しばらく前から急に下着がきつく感じるようになった。
しめつけるのが厭だからゆるめのものばかりなのに。
食事はいつも通りで外食もしていない。
もう、以前のようにたくさんは食べられなくなっている。
なぜ、急にこんなに太る?
考えていたら思い出した。
犯人はチーズケーキだ!
立て続けでホールを二つも食べたのだ。
ここにも書いたニューヨークチーズケーキを久々に作って……
(久々というのは去年も食べて太ったので)
あまりにも美味しくてまた焼いて。
その結果がこれだった。
同じ過ちを繰り返す愚かさ。
ほんとにもうあのチーズケーキは決して焼かない!
……でも、一つ分の材料が冷蔵庫に入っている。
焼いて誰かに差し上げるしかない(T_T)

この記事のみを表示するパン嫌い

食べる

北側のベランダの室外機の下に藁葛が運ばれていた。
スズメが巣作りし始めたのかと楽しみにしていた。
ところが度々覗かれるので危険を感じたのか中止した模様。
それでも毎日水と餌をあげている。
鳴き声は聞こえるし、餌もきっちり無くなくなっている。
なのに啄んでいる姿は一度も見たことがない。
気配で慌てて飛び去るようだ。

生米が一番好きみたい。
ご飯粒もなくなっている。
パンくずは残っている。ダダが食べてくれた。
キャベツもスズメはお好みじゃ無いみたい。

食べているところを見たいのに。
どこかから見ているのかな。
下の公園の木の中や隣のマンションのベランダから?
いつも、いつの間にかなくなっている。

この記事のみを表示するプチ断食

食べる

チーズの連日大食いの結果のツケは大きい。
なかなか元に戻らないし、膨満感に悩まされている。
薬も色々あるけれど飲み合わせとかもあってなにかおそろしい。
日頃から食べる量は少ないのに悲しい。
ストレスが原因らしいけれど生きている限りストレスはつきもの。
病気の原因をすべてタバコのせいにするようなもんじゃね?

なんとかすっきりしたいと思いついたのが断食。
道場に行くほどの熱意はないので朝食昼食抜きにトライ。
初日は水ばかり飲んでいた。
が、午後の3時頃に空腹感を覚えたのでトマトジュースを飲んだ。
夕食は脂肪の無い献立にご飯少なめ。
二日目はカーブスガあるので出かける前にバナナとヨーグルトを食べた。
夕食は同じく地味目。
今日も今のところ水ばかりを飲んでいる。
案外と空腹感を覚えないものと感心している。

でもなあ、カーブスではタンパク質を!の大合唱。
食事を抜くと次に食べたときに体が栄養をため込むために太るともいう。
何が何をどうすりゃいいのか。
痩せたいわけじゃなくておなかをすっきりさせたいだけなんだけど。
当分は朝食抜きか昼食抜きでいこうかな。

この記事のみを表示する温州蜜柑

食べる


健康番組は意図的に何かの宣伝してるような気がする。
そして、まんまと乗せられて買ってみるかと思ってしまう。
今回は「みかん」
一日に最低三個を食べるといろいろ良い効果があるらしい。
ところがわがやでは今秋に一度しか買っていない。
つまりーみかんはいただくもので買う物ではないーのだ。
和歌山にいた頃はほんとに買ったことがなかった。
産地だけにいろんな方からいただいた。切らすことは全くなかった。
兄の家に行けばすきなだけもぎ取ることも出来た。
しかし、ここは和歌山ではない。
やっぱり買うしかない。一日三個食べるためには。
そう決意した日にみかんはやってきた。ありがたいことだ。

IMG_3813.jpg
ひっくり返して底からあける。
小さい方が美味しいと教えてくれたのは蜜柑農家の人だった。
良い香り! 三箇食べた。
年末までこの新鮮さは保てないだろうな。
一生懸命にいただきます。ありがとう。


この記事のみを表示するアロエ

食べる


アロエを繁茂させたことがある。
傷薬や化粧水を作った。
化粧水は皮をむくのが大変だった。
IMG_3814.jpg

アロエでは二度驚いたことがある。
最初は大昔だけど花が咲いているのを見た時。
南の国の植物だから頭から花が咲くとは思っていなかった。
二回目は中昔のこと。
回らないお寿司屋さんでアロエがにぎりで出てきたとき。
白みがかった半透明の身でシャキシャキ食感が不思議だった。味はなかったかも。
この時にキダチアロエが食べられることを知ったのでサラダや天ぷらにしてみたけれど
家族からは物珍しさ以外の評価は得られなかった。
アロエは一過性のマイブームで終わった。

ダダの散歩で久しぶりに咲いているアロエの花を見た。
前の家の庭を思い出した。
あのアロエは今年も咲いているだろうか。