FC2ブログ

久々のサルトル


ふとしたことからユダヤ人について調べることになった。
で、本を探していたらサルトルの『ユダヤ人』が目についた。
サルトルの著書は学生時代に理解も出来ないのに一生懸命に読んだ。
黴の臭いがついたような懐かしさを感じて、即購入。
原語が読めないからわからないところは翻訳のせいにして読了。
ユダヤ人とはユダヤ教の信者だと実に単純明快だが、サルトルは非ユダヤ人(ユダヤ人を嫌悪する人たち)がいるからユダヤ人が存在すると説く。
頭脳と富を持ちながら国家を持たない人々に優越感を維持したいために差別していると。
島国生まれで民族ということを考えたことがなかったので感心した。
だが、知りたいユダヤ人のことはギリシャやローマの歴史を勉強しなければならないようだ。
久々のサルトル。昔よりは読解力がついていたかもしれない。けっこう、わからないところは飛ばしちゃったけど。
スポンサーサイト

ユダヤ人の歴史

『ユダヤ人の歴史』(河出文庫 レイモンド・P・シェインドリン著)
ふとしたことからユダヤ人とは?と思い購入した一冊。
3000年の歴史を一冊で読もうというのだから無謀な話です。
キリスト教と世界史がわかっていないとなかなか理解が出来ません。
島国に生まれ育って国籍と人種が同一だとぼんやり思っていたので流浪の民の今日までの道のり複雑さに胸が打たれます。
今、世界を動かしているのはユダヤ人だとも聞いたことがあります。
土地はないけど賢い頭脳とマネーがありユダヤ教を信じて歩んできた結果なのでしょうか。
おぼろげながら何かがわかったような気がして今後のパレスチナやエルサレムの問題を見守っていこうと思いました。