猫とワタシ

夏炉冬扇

終の棲家となりそうなマンション暮らしのあんなことこんなことを綴っていくつもりです

この記事のみを表示するコード錯乱

悩む

雨が上がって寒い日曜日。
パソコンの画面が突然消えた。
オイルヒーターも消えて、スマホの充電も出来なくなっていた。
机の裏側に回ってコンセントを抜いてまた挿してみた。
これは大変な作業だ。なにしろパソコンとテレビ関係のケーブルがうねうねと絡んでいる。
ついでに埃もお掃除。
無事に電気はきた。
だが、しばらくするとまたも通電できなくなっていた。
そこで無い知恵を絞る。
もしかしたらオイルヒーターに問題があるのかもしれない。
今までは別のコードで使用していた。

結果はやはり電気の使用容量が多すぎたのが原因だった。
1.5A以上になるときれるようになっていたのだ。
ネットで調べてみて自分がコードと呼んでいたモノがテーブルタップという名前だと初めて知った。
別名は延長コード。コードで検索しても別の事象がでてきたのもこれで納得。
それにしてもケーブルと呼ぶものもあるしややこしい。

電気がこないとこんなにも困るモノかと再確認させられた。
オイルヒーターは別のコンセントに延長コードを差し込んでOK。
花冷えというのかこの寒さには閉口だ。片付けたヒーターを引っ張り出したせいでどたばたな日曜日になってしまった。
ダダの散歩に行くと昨夜からの風雨で小学校の八重桜が歩道に散り固まっていた。
それをダダの上に振りまいたら厭がられた。

スポンサーサイト

この記事のみを表示する嫁さんの実家に

悩む

最近は「嫁」という言葉も差別語扱いされることが多いようだが手っ取り早いので嫁さんを使わせてもらおう。
嫁さんの実家とは親戚になるのだろうか? だとすれば距離的に離れていることもあって心理的にも遠い親戚なのかもしれない。
息子が結婚した当初はお互いに儀礼的に盆暮れの挨拶をしていた。
4年くらい経ってからあちらからやめましょうと言ってきた。
だが、嫁さんが来るときは実家からとみやげものを持参する。お返しにこちらも何かを持たせる。
その実家の父親が入院した。お見舞いを考えないことはなかったがお返しで面倒かけてもとしなかった。
この夏に嫁さんが来たときハヅキルーペをいただいた。
父親がめでたく退院して購入するときに同年齢のわが家へもと気遣ってくれたという。
さて。ここで困った。お見舞い欠礼のお詫びと退院祝いを兼ねた手紙を書くのはいいのだが、お返しに何を選べば良いのか?

高齢の夫婦二人暮らしだからなんでもあるだろうし、病後では食べ物の制約もあるだろう。
何が喜ばれるか必要とされているのか。日頃の暮らしぶりも嗜好も見当がつかない。
こうなるとやはり消え物、毎日消費するものがいいのかもしれない。
はまると素晴らしい贈り物になるが、不要なモノであればごみでしかない。
送るということだけでこの世の義理は果たせるのかもしれないが、やはり相手にとって有用なものを送りたい。
数日の内にデパートに行ってみよう。


この記事のみを表示する価格 Amazon

悩む

閲覧していて気になる商品があった。
断捨離以来「あったらいいな」的な物は極力買わないようにしてきた。
ーーなかなか実行は難しいけれどーー
その商品もなくても大丈夫なのだが、新品になったらきっと楽しいだろう。
でも、まだ使えるしと迷いながらメルカルを覗いてみた。
あったけれどほぼ完売で中古が多く価格もAmazonとあまり変わらない。
そこで、Amazonに戻ってみると32円価格があがっていた。
う~ん。この先どうなるのか。しばらく様子を見ることにした。
夜になってもう一度覗いてみたら同じ価格だったけれど、同じ機種の水色が2000円もたかくなっていた。
ネットで調べるとAmazonの価格変化に関する話題が豊富。
あれ?高くなってるとかの経験もあるのに、今頃気がつく自分はほんとに数字に鈍感なのだと思った。
在庫が少なくなると価格が自然に上がるようなシステムになっているという説もあった。
何が正しいのかは分からないけど毎日サイトを覗かせるようになっているのかな?
今回はしばらく動向を見てみよう。高騰したら買わなければいい。
でも、クリック一つで明日には届くというのはやはり凄い。
納入業者が泣かせとの話も耳にするけれどついつい目先の餌に飛びついてしまう。反省と自戒。



この記事のみを表示する終わりなき鬱

悩む


学生時代の友人から電話。
『鬱になっちゃった~」
彼女のこういう電話は初めてではない。
年なりの鬱というものがある。
そして時々のそれをクリアしてきた。
しかし。今回の鬱は深刻だ。
彼女は夫を亡くして一年。
葬送の儀式も終えて、独り暮らしの寂しさが身に沁みはじめている。
かっての鬱の原因が夫の存在であったにも関わらず、だ。
おまけにもはや年齢的に明日は無い。
夢を見る前に虚しさが先に立つ。
旅に出るにしても体力が無い。気力も無い。
こういう辛さは高齢者がみんな抱えている問題。
さて、どうしたらいいのだろう。
「小刻みな目標を持つことがいいかも」
自分にも言い聞かせるように彼女を慰めた。



この記事のみを表示するワクチン

悩む


犬を飼っていると春が憂鬱。
健康診断とかワクチン注射やフィラリア検査などあって莫大?な出費となるから。
と、それは去年まで。
越してきて近所の獣医さんに行ったら狂犬病の注射だけ。
「あの~」遠慮がちにワクチンや健康診断のことなどを聞く。
先生はダダの体を触って眺めて「元気だね~」
健康診断はそれだけ。
フィラリアは散歩に行くのなら五月になってから来なさいとのこと。

今までは血液検査をしレントゲンを撮り人間ドックみたいだったけれど、これはなんだ!
正直、少々不安になった。
で、ネットで調べた。
生後二ヶ月以後のワクチン注射は三年に一度でよく、十才を過ぎたら必要ないとある。
かえって弊害があるらしい。獣医師の収入面から大声で啓蒙できないのだそうだ。
いい獣医はそのことを説明するらしい。

なるほど。今までの十年はなんだったんだ。
ワクチンを打ってない犬は預かりませんというペットホテルもあった。
だからやらなければいけないと思い込んでいた。

来週にでもフィラリアの検査に連れて行こう。
散歩は毎日だし。

この記事のみを表示するやらずのペン

悩む


荷支度を終え最後はボールペン投入。
ところが予定していたそれが見つからない。
焦った。
この度はほかのものでもいいのだけど、ずっとなくなると困る。
奈良の興福寺で買ったボールペンでかわいい角がついている。
なにより書きやすい。流れがスムース。
帰ったら徹底的に探そう。
次に奈良へ行ったら十本くらい買ってこよう。
以前、巴里の美術館で買ったそれはお洒落だったが外側が禿げてきた。
書きやすさもいまいち。
ボールペンにも出会いがあるのだと思った。