FC2ブログ
猫とワタシ

夏炉冬扇

終の棲家となりそうなマンション暮らしのあんなことこんなことを綴っていくつもりです

この記事のみを表示するうちの末っ子

ダダ


PhotoData_IMG_3342.jpg
 
駄々っ子ダダはわが家では最後のワンコです。
マルチーズの男の子で早々に手術をしたのですが性格は真からの男の子みたい。
十歳半なのでそれなりに老いてきたのかなと……真っ黒な目にうすく透明な膜が感じられます。
小型犬は老いても可愛いので見逃しがちな老いの兆候を見逃さないように気をつけています。
散歩に行くと子供やお年寄りが「可愛い~」と傍に来てくれて嬉しい。
寿命まであと何年かと不安ですがどちらが先かしらとおセンチになったりします。
食べるために生きているような子ですが夫にも厳重に頼んで食べ過ぎないよう配慮しています。
どこの獣医さんでは「元気だねえ」と言われて嬉しい瞬間です。

始まったGWはダダと川の遊歩道を歩こうと思います。





スポンサーサイト

この記事のみを表示する暑いから

ダダ

夫は寒がりでクーラー嫌い。扇風機の風も厭がる。
その代わり暑いと思うような日でも暖房をかける。
胃を三分の一とる手術をしてから体質が変わったらしい。
若い頃は人並み以上に暑がりだったのだから。
これだけ体感温度が違うと共同生活もしんどいことがままある。
リビングにはクーラーをかけない。
リビングと言っても食事をするだけで、後は各自の部屋にすっこむ。
私の部屋に入ると寒いという。
マルチーズのダダはいつも当方に居る。犬は暑さに齢のだ。

IMG_3646.jpg


食事中はいつも夫の傍に侍っているダダだが、この暑さでは耐えられないらしくこんな状態でわたし達を見守っている。
私の部屋に体を置いて食事が済むのを待っているのだ。
それにしてもこの暑さはなんだろう。水にお砂糖と塩を入れて冷やして飲んでいる。
本も読めず書けずただぼんやりとゴロゴロと。


この記事のみを表示するさびしい

ダダ


みんな帰ってしまってダダはさびしそう。
風船でたくさん遊んだから今は一匹で舞い上がる風船を見ている。
5色の風船が舞い上がって賑やかなひとときだった。

hu-sen.jpg


朝夕はようやく散歩に出かけられるまでの気温になった。
寂しがり屋のダダを連れてポケモン戦闘場にでも行ってみよう。