FC2ブログ
猫とワタシ

夏炉冬扇

終の棲家となりそうなマンション暮らしのあんなことこんなことを綴っていくつもりです

この記事のみを表示するスタッフ

カーブス

11時半から運動開始。今日は空いていたし、常には4人いるスタッフも二人しかいなかった。
ほんとは店長もいるのだが幾つもの教室を兼務しているのでなかなかここには居ない。
なぜか店長に会えるとラッキーと思ってしまう。
スタッフは別名コーチ。しかし、マニュアル通り以上の知識のなさげな若い女の子達をコーチとは呼べない。
大体、責任者が店長というのも変だし。
他の二人はチラシ配りにでも行っているのかと思ったら他の教室への応援に行ってるそうだ。
カーブスでは生徒が450人ラインが赤字か黒字の分岐点らしい。
だから新入生の開拓に必死。よく駅やスーパーの前でチラシを配っている。
知り合いを筋肉のために誘いましょうなんてキャンペーンもよくやっている。
誘った人が入会するとそれぞれにご褒美がある。
二人が応援に出たということは新しい教室が出来るって事かな?

ドアを開くと「おかえりなさい~!」と一斉にスタッフから声がかかる。
「いらっしゃい」とか「こんにちは」だろうといつも思う。
帰るためのドアを開けると「いってらっしゃい」だ。
それが気持ちわるくてたまらない。でも、もう慣れた。

たくさんのマニュアルがあるのだろう。
身体測定なども月一にある。数字が減っていても殖えていても褒めて励ましてくれる。
「姿勢が良くなったかも」などと言えば「素晴らしい」と拍手してくれる。
健康診断の目安になるので測定は悪いことでは無いのだけれどね。
それにしてもあんなにいつも笑顔で居るのってしんどくないのかなあ。
仕事となると大変なのだ。癒やされることもあるのだから批判ばかりしていてはいけないと反省。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret