猫とワタシ

夏炉冬扇

終の棲家となりそうなマンション暮らしのあんなことこんなことを綴っていくつもりです

この記事のみを表示する郵便局

思う


ピン歩~ン
「郵便局です」
ユーパックかなと玄関へ。
立っていたのは郵便局の制服を着たおじさん。
定期貯金が満期になるので手続きに局まできてください。
そのままにしておくと普通貯金の方に移ります。
ああ、それなた郵便がきたっけ。
利子も粗品も用意してます。
利子たって10円くらいじゃん。
それは銀行山も同じで、粗品で頑張ってますので。

たしか、郵便局は赤字だった筈。
だから切手代も小包なども値上げしてる。
こんなお宅訪問してたら人件費もかかるでしょう。
手紙が二通も届いているし、電話もメールも伝達手段があるのに。
しかもたいした金額の定額じゃ無いのに。
ちょっと考えさせられた。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret